読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちょこちょブログ

プログラミングとか学んだことの備忘録ブログです。

ソフトバンクiPhoneからSIMフリーiPhoneに乗り換えた手順を公開する

テクノロジー

はじめに

つい最近、ソフトバンクiPhone6 から SIMフリー版(LINEモバイル)iPhone7 に変えたので、その手順や実際にやったことなどを書いていこうと思います。

キャリアはソフトバンクですが、どのキャリアでも手順はほとんど変わらないはず。

僕の場合、乗り換えたことにより、月々の支払いが大体 5,000円弱安くなる算段です。

月々のデータ通信を把握する

まずは自分が大体月にどれくらいデータ通信しているのか確認します。

「キャリア名 通信量」とかでググれば出てきます。

ログインして確認しましょう。

僕は大体 4GB くらいでした。

どこのSIMカードにするか決める

自分の通信量やスマホの使い方を元に、どのSIMカード会社が自分にとって 1番得なのか徹底的に比較します。

僕に最適であろう、4GB というプランは中途半端なのか、どの会社にも存在しないことが多いです。

なので 3GB か 5GB になる訳ですが、どうにか 3GB に抑えたいところです。

Freetel(フリーテル)と LINEモバイルには「カウントフリー」という

「ある特定のアプリだけ通信量を無料にしますよ」という神制度があります。

「カウントフリー」になるアプリはどちらも大体同じですが、

Freetel には AppStore の通信費を無料にする制度があり、

LINEモバイル には LINE電話 の通信費が無料になる制度があります。

AppStore は家や会社の Wi-Fi を使ってダウンロードとアップデートをすれば良いと思うので、今回は LINEモバイル にしました。

また、LINEモバイル にすると地味に LINE ID で友達追加できたり(他はできない)、

Amazon経由 で申し込めば登録事務手数料の 3000円が無料になったりして良いです。

iPhoneを買う

iPhone を普通に買うだけです。

iPhone は大体どこで買っても価格は同じなので、僕は Apple ストア公式から購入しました。

2日くらいで届きました。

ついでに、iPhone ケースと液晶保護フィルムをこのタイミングで買っておきました。

MNP予約番号を取る

各携帯会社の MNP 転出専用ダイヤルに連絡をします。

「キャリア名 MNP 転出」とググれば出てきます。

土日は電話が混んでいて結構待たされるので注意。

ソフトバンクの場合、MNP の予約番号をすぐに SMS で送信してくれました。

SIMカード会社にMNPする

MNP予約番号を控えて、対象のSIMカード会社に「MNP したいんですけど」と連絡します。

最近は家電量販店に実店舗があったりするので、そちらでも良いと思います。

LINEモバイルの場合は実店舗がないので、MNP 予約番号をネット上から入力して SIM カードを配送してもらいます。

ここで注意なんですが、

MNPの開通受付窓口へお電話がない場合、SIMカードが配送された翌々日の午後に自動的に切り替えを順次実施します

公式がアナウンスしているので、

なるべく休日に SIM カードが届くように手配した方がいいです。

大体 2日くらいで届くので、土日休みの人は木曜くらいですかね。

仕事中にいきなり切り替わったりしたら大変ですからね。

LINEモバイルの場合、開通手続きの電話をして完了するまで 2時間弱かかりました。

また、完了後は一度 iPhone を再起動しないと回線を拾ってくれませんでした。

iPhoneを買取りに出す

以上で乗り換え完了です。

ついでなので、旧iPhone を買い取りに出しましょう。

色々調べた結果、じゃんぱら が 1番高く買い取ってくれる気がします。

ただ、土日だと人が多く、90分くらい待たされるので要注意。

おまけ

最近 Qiita をはじめました。

技術的な話はこちらで更新してますので、よかったら読んでください。