こちょこちょブログ

プログラミングとか学んだことの備忘録ブログです。

会社が「アントレプレナーシップを持て」と社員に言うなら副業をありにしろください!

超釣りっぽいタイトルですが、、

 

最近の企業の偉い人達はみんな、アントレプレナーシップ起業家精神と口にしています。

または「全員が経営者マインドを持て」など。

 

僕は割りと好きなのですが、こういった見解も↓

社長のスピーチは、思考停止ワードだらけ? | こんな言葉を使うリーダーについていってはいけない! | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

まあ、本当に経営者マインドを持っている人は、会社にいないで起業している人が殆どでしょう。。

 

副業をありにせよ

下の動画は4月に行われた新経済サミットの動画です。

僕が働いている会社は新経済連盟のグループに入っているので、実際に生で見ていました。

登壇者も豪華!

・ジョージ・ケラマン(500 Startups マネージングパートナー&ファイヤーチーフ)

→先日500 Startupsを抜けると聞きました。

・デビッド・リー(SV Angel 創業者兼マネージングパートナー)

・田中 章雄(インフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナー)

・モデレーター: 岩瀬 大輔(ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO)

https://www.youtube.com/watch?v=mx2DIUUn4GE&list=PLgMTwkOhq4nIrfKV9hbaX_qIvlZ9I378j&index=17 

27分辺りでジョージさんが日本の企業はもっと会社の外に目を向けて、

副業をありにせよ

と話しています。

会社の仕事以外にもアツくなれるものを見つけて、情熱を注げ的な話です。

 

Uberに投資しなかった理由 

デビッド・リーさんがUberに投資しなかった理由について話しています(38分50秒辺り)。

Uberはアイディアの発案者と実行者が違うので出資しなかったそうで、

 

情熱はアウトソースできない!という信念を持っていると。

 

マジでカッケー!

 

これから

法人税も15年から下がりそうですし、新経済連盟も、安部総理も小泉進次郎さんも頑張っています。

どんどん起業のハードルは下がり、チャレンジし易い環境になりつつあります。

大企業による企業買収がもっと増えれば、日本にもシリコンバレーと似たようなエコシステムが生まれるかもですし、

国際競争力(IMD)でももっと上に行けると思います(14年は21位で90年代のバブル期は1位)。

 

タイトルとあんまり関係なくなってしまいましたが、僕ももっと頑張ろうっと。

スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた